せっかく食することができた

とあるファストフード店で、過去に食べてやけに美味しかったアイテムが期間限定で販売になりました。またこれが食べられるって喜ばしく思ったのですが、最初に買いに行こうとしたら急用が入りお手上げしました。次に今度こそはといった買いにお店に向かおうからには直前で、近くがミールの挿入を通してくれました。さすがに2たび続けてメニューは出来ません。後日、貰う席を終始伺ってましたが実に行けませんでした。何故なら彼はお弁当を持って事務所に行くのですが、事務所がほど近い結果絶えず真昼に家に戻ってくる。そうなると家でそのお弁当を食べます。ですので、真昼に求めているものを買って摂るわけにはいきません。否、いいのかもしれませんが稼業夫人が真昼に買い食いやるのは彼氏においてあまりいい気分ではないのかといった勝手に予測し諦めているのです。彼がいつお昼間に戻るのか思い付かので、昼間に食するのは難しいです。かといってごちそうでそれを買ってたべるのはさすがに気が引けます。特別な成り立ちもないのにごちそうがファストフードの物だと彼氏に関して負い目があります。しかも、四六時中昼過ぎから心づもりが塞がり昼間以外の間隔で買いに行くことができません。午前中から食べるには全くキツイミールなので、昼間だけがタイミングでした。貰う席を持てないとおり日時が過ぎていきとうとうあと1日で結末となりました。販売最後の日、結果、彼が帰りが遅くなるとして初めて買いに赴き食することができました。必ずやおいしくて嬉しかったです。てつやの株

せっかく食することができた